読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記事[0014]たまにはのんびり遊戯王、マスタールール[4]対応の「手札誘発・召喚獣」デッキ

記事[0011-0020]

・概要

デッキ解説「手札誘発・召喚獣

 

・内容細目

この記事は以下の要素から構成されています。

①はじめの紹介

②デッキの紹介

③カードの紹介

④まとめの紹介

⑤文字レシピ・出典など

 

①はじめの紹介

今回は先日発表されたマスタールール[4]に対応した、

手札誘発系モンスターを軸にした召喚獣デッキの解説になります。

あまり環境を意識したデッキではありませんので、

二月も後半に入り新ルール・新制限を控えたこの時期に

ぴったりな気楽に読める記事となっています。

 

②デッキの紹介

f:id:cocotamasuki:20170225145245p:plain

マスタールール[4]対応

 

新ルールにおいてはエクストラデッキからの展開が抑制

されるため、召喚獣関係のカード以外は

ほぼ手札誘発モンスターで構築されいます。

 

③カードの紹介

f:id:cocotamasuki:20170225145546p:plain

f:id:cocotamasuki:20170225145606p:plain

f:id:cocotamasuki:20170225145631p:plain

f:id:cocotamasuki:20170225145645p:plain

召喚獣の最大の特徴は融合に必要なカードの少なさにあります。

「召喚師アレイスター」からサーチ出来る「召喚魔術」は墓地のカードも

融合素材に出来るため、既に墓地にモンスターが存在すれば

アレイスター一枚から融合を行うことが出来ます。

また融合に使用したカードを「召喚魔術」で再利用出来る点、

アレイスターを「暴走魔法陣」(「テラ・フォーミング」)から

サーチ出来る点により持続力・安定性の高いデッキとなっています。

 

上記の理由より手札から直接墓地にモンスターを送ることの出来る

手札誘発モンスターと相性が良く、それぞれの手札誘発モンスターを

以下の融合モンスターの素材に活用することが出来ます。

 

・「エフェクト・ヴェーラー」、「アーティファクト・ロンギヌス」、

「古聖戴サウラヴィス」、「幽鬼うさぎ」、カイエントークン(ゴーズ)

→「召喚獣メルカバー」

 

・「灰流うらら」→「召喚獣プルガトリオ」

・「増殖する[g]」→「召喚獣メガラニカ」

・「ドロール&ロックバード」→「召喚獣ライディーン

 

f:id:cocotamasuki:20170225152107p:plain

手札から捨てることでモンスターを守ることの出来る

手札誘発モンスター、メルカバーの素材にも。

儀式モンスターであるため気づきにくいですが

汎用性高い強力なカードになります。

 

f:id:cocotamasuki:20170225152415p:plain

f:id:cocotamasuki:20170225152405p:plain

先攻では基本的に手札のモンスターを直接融合素材にするため、

「超電磁タートル」、「ペロペロケルペロス」などの

墓地で効果を発動できるモンスターも採用しておくと便利です。

 

f:id:cocotamasuki:20170225153210p:plain

f:id:cocotamasuki:20170225153017p:plain

「ブラック・ローズ・ドラゴン」はアレイスターと「緊急テレポート」

から特殊召喚した「幽鬼うさぎ」を素材にシンクロ召喚します。

新ルールではエクストラから出せるモンスターに制限が掛かるため、

自発的にフィールドを離れるカードは非常に採用しやすいです。

 

④まとめの紹介

以上が本デッキの解説になります。

マスタールール[4]ではランク[4x]を活用したコンボを

扱いにくくなった召喚獣ですが、手札誘発の採用しやすさもあり

依然強力なテーマとなっています。

またアレイスターから出せるリンク[1]のリンクモンスターが登場すれば、

アレイスター一枚から「アレイスターを素材に出したリンクモンスター」と

「素材として墓地に送られたアレイスター」で融合召喚を行うことが

出来るようになるため今後の発展に期待したいですね。

 

⑤文字レシピ・出典など

f:id:cocotamasuki:20170225154338p:plain

f:id:cocotamasuki:20170225154348p:plain

デッキ画像作成・各カード画像は「カードデータデース」より

http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action

 

マスタールール[4]について(公式ホームページリンク)

http://www.yugioh-card.com/japan/howto/new_master_rule/

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回更新は[03]月[25]日を予定しています。