読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記事[0007]りんずきちゃんの「月光・メタビート」デッキ・後編

記事[0001-0010]

・概要

デッキ解説「月光・メタビート」

 

・内容細目

この記事は以下の要素から構成されています。

①はじめの紹介

②デッキの紹介

③フレシアルートの紹介

④深淵ルートの紹介

⑤ヒーローの紹介

アリアドネの紹介

⑦まとめの紹介

⑧文字レシピ・出典

 

①はじめの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「前回(下記リンクより)は月光メタビートの基礎を学習しました。」

「今回はより発展したコンボや個々のカードの解説になります。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「はーい。」

 

記事[0006]りんずきちゃんの「月光・メタビート」デッキ・前編

cocotamasuki.hatenablog.com

 

②デッキの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「前編でも紹介したメインデッキとエクストラです。」

「一度おさらいしてみましょう。」

 

f:id:cocotamasuki:20161209160044p:plain

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「デッキのカードを分類するとこんな風になるんだったよね。」

・月光に関するカード。

・ヒーローに関するカード。

・「カゲトカゲ」などレベル[4]モンスターを場に並べるカード。

アリアドネや落とし穴など罠に関するカード。

 

③フレシアルートの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「初めに紹介するのは前回のコンボを応用したコンボです。」

「まずはキーカードである『フレシアの蟲惑魔』の紹介から。」

 

f:id:cocotamasuki:20161209214252p:plain

り「デッキの落とし穴カードの効果を使うことの出来るモンスターだよ。」

だ「それではプレイマットを使ってカードを動かしますよ。」

 

f:id:cocotamasuki:20161209214430p:plain

▲フィールドにはレベル[4]モンスターとカレイド・チックの二体。

 

f:id:cocotamasuki:20161209215156p:plain

▲デッキからブルー・キャットを墓地に送りカレイド・チックの効果発動。

 

f:id:cocotamasuki:20161209215417p:plain

ブルホーンをエクシーズ召喚して、

 

 

f:id:cocotamasuki:20161209220055p:plain

▲エクシーズ素材のカレイド・チックを墓地に送り効果発動。

▲効果でデッキからタイガーをサーチ。

 

f:id:cocotamasuki:20161209220420p:plain

▲一度タイグリスをブルホーンに重ねてから、

 

f:id:cocotamasuki:20161209220055p:plain

 ▲再度ブルホーンをタイグリスに重ねてエクシーズ召喚。

 

f:id:cocotamasuki:20161209220751p:plain

▲効果でもう一枚タイガーをサーチして、

 

f:id:cocotamasuki:20161209221202p:plain

▲ドランシアをブルホーンに重ねてエクシーズ召喚。

 

f:id:cocotamasuki:20161209223640p:plain

▲ペンデュラムゾーンにタイガーをセットして、

▲ペンデュラム効果で墓地からカレイド・チックを特殊召喚

 

f:id:cocotamasuki:20161209222324p:plain

▲デッキからブルー・キャットを墓地に送りカレイド・チックの効果発動。

カレイド・チックの効果は無効ににっているがコストで

ブルー・キャットを墓地に送ることが可能。)

 

f:id:cocotamasuki:20161209222944p:plain

▲ペンデュラムゾーンにもう一枚のタイガーをセットして、

▲ペンデュラム効果で墓地からブルー・キャットを特殊召喚

 

f:id:cocotamasuki:20161209223012p:plain

▲ドランシアの効果でブルー・キャットを破壊して、

 

f:id:cocotamasuki:20161209223139p:plain

▲ブルー・キャットの効果でカレイド・チックを特殊召喚

 

f:id:cocotamasuki:20161209223406p:plain

▲最後に「フレシアの蟲惑魔」をエクシーズ召喚。

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「そっか、これで次の相手ターンにフレシアの効果を使わなくても、」

「二枚のタイガーの[p]効果でエクシーズが出来るんだ。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「ちなみにこのコンボは『終末の騎士』とレベル[4]モンスターの、」

「組み合わせでも行うことができます。」

 

④深淵ルートの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「次のコンボは先ほどのコンボとほぼ同じ動きをします。」

「ではキーカードである『深淵に潜む者』の紹介です。」

 

f:id:cocotamasuki:20161209225011p:plain

り「墓地で発動するカードに有効なカードだね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161209225103p:plain

▲フィールドにはレベル[4]モンスターとブルーキャットの二体。

 

f:id:cocotamasuki:20161209225552p:plain

▲タイガーを二枚サーチするまではフレシアルートと同じ。

 

f:id:cocotamasuki:20161209230116p:plain

▲ペンデュラムゾーンにタイガーをセットして、

▲ペンデュラム効果で墓地からブルー・キャットを特殊召喚

 

f:id:cocotamasuki:20161209230349p:plain

▲ドランシアの効果でブルー・キャットを破壊して、

 

f:id:cocotamasuki:20161209230600p:plain

▲ブルー・キャットの効果でカレイド・チックを特殊召喚

 

f:id:cocotamasuki:20161209230752p:plain

▲デッキからブルー・キャットを墓地に送りカレイド・チックの効果発動。

 

f:id:cocotamasuki:20161209231114p:plain

▲ペンデュラムゾーンにもう一枚のタイガーをセットして、

▲ペンデュラム効果で墓地からブルー・キャットを特殊召喚

 

f:id:cocotamasuki:20161209231323p:plain

▲最後に「深淵に潜む者」をエクシーズ召喚。

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「ブルー・キャットを始点に出来るのがこのコンボの特徴だね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195425p:plain

「うーん、でも墓地に月光モンスターが一体しかいないから、」

「次のターンにタイガーの効果が一回しか使えないような・・・。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「『深淵に潜む者』は好きなタイミングで効果を発動出来るので、」

「エクシーズ素材の月光モンスターを墓地に送れば問題ありません。」

 

⑤ヒーローの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「ここから個々のカードの解説になります。」

 

f:id:cocotamasuki:20161210022024p:plain

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「手札から特殊召喚出来るレベル[4]モンスターのバブルマン。」

「ペンデュラムカードや魔法・罠カードが多く、」

「手札を[0]枚にしやすいこのデッキとは相性ピッタリだね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161210022036p:plain

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

エアーマンはバブルマンをサーチ出来るから、」

「手札一枚からエクシーズ出来るのは強力だね。」

「このあたりはエクシーズをメインに戦うヒーローデッキと同じかな。」

 

f:id:cocotamasuki:20161210022113p:plain

 

f:id:cocotamasuki:20161205195425p:plain

「このカードの使い方はちょっと気になってたかも。」

「ランク[4x]を目指すだけなら、」

「ヒーローはエアーマンとバブルマンだけでもいいと思うけど・・・。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「シャドー・ミストは墓地に送られた際の効果を活用します。」

「『終末の騎士』や『おろかな埋葬』で墓地に送るカードとして、」

カレイド・チックと使い分けることが出来るのが魅力的ですね。」

 

アリアドネの紹介

f:id:cocotamasuki:20161210022006p:plain

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「このカードには三種類の使い方が存在します。」

「一つ目は手札を圧迫しないレベル[4]モンスターとしての使い方。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「レベル[4]モンスターとしてエクシーズ素材にもなるけど、」

「いざという時バブルマンを特殊召喚する条件を満たすために、」

「ペンデュラムゾーンに置いて手札を減らすこともできるんだね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「二つ目の使い方は『月光虎』と一緒に[p]ゾーンに置いて、」

「ペンデュラム召喚を行う使い方です。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「このカードのスケールが[3]、タイガーのスケール[5]だから、」

「デッキの大半を占めるレベル[4]モンスターを[p]召喚出来るよ。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「最後は[p]ゾーンのこのカードをドランシアの効果で破壊して、」

「デッキからカウンター罠をサーチする使い方です。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195425p:plain

カウンター罠にはどんなカードがあるのかな。」

 

f:id:cocotamasuki:20161210030926p:plain

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「『ハーピィの羽根帚』や『ツインツイスター』から、」

「[p]ゾーンのカードや罠を守ることが出来るカードです。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「サーチする際はこのカード二枚と『神の宣告』を、」

「相手に見せてサーチするのがいいですね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161210031302p:plain

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「モンスターに強く汎用性の高いカード。」

「サーチする時はこのカードを三枚を相手に見せるのがいいね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

アリアドネの使い方をまとめるとこんな感じかな。

・手札を圧迫しないレベル[4]モンスターとして。

・「月光虎」と合わせてペンデュラム召喚する。

・ドランシアで破壊してカウンター罠をサーチする。

 

⑦まとめの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「解説は以上となります。」

「『りんずき』さん何か気になったことはありますか。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「あっ、そういえばこのデッキと相性のよさそうな、」

「『十二獣モルモラット』や『十二獣の会局』がデッキに入ってないよ。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「はい、今回は[2016]年[10]月制限のデッキとなっていますが、」

「[2017]年[01]月の制限改訂をある程度意識したものになっています。」

「一月に規制される可能性の高いそれらのカードは採用していませんが、」

「発表された制限によっては採用を検討するのもいいですね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「『だぁくますたぁど』先生、今日は色々ありがとうございました。」

「よーし、次の大会はこのデッキでエントリーしたいな。」

 

おしまい

 

⑧文字レシピ・出典

f:id:cocotamasuki:20161209172300p:plain

f:id:cocotamasuki:20161209172319p:plain

出典は下記[twitter]アカウント、デッキ番号[0032]より

https://twitter.com/cococococotama

 

デッキ画像作成・各カード画像は「カードデータデース」より

http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。