読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記事[0006]りんずきちゃんの「月光・メタビート」デッキ・前編

記事[0001-0010]

・概要

デッキ解説「月光・メタビート」デッキ

 

・内容細目

この記事は以下の要素から構成されています。

①はじめの紹介

②デッキの紹介

③コンボその一の紹介

④コンボその二の紹介

⑤まとめの紹介

⑥文字レシピ・出典

 

①はじめの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195425p:plain

「うーん・・・。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「どうかしましたか『りんずき』さん。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「あっ、『だぁくますたぁど先生』!」

「実はレベル[4]モンスター主体の罠ビートを作りたいんだけど、」

「なかなか上手くいかなくて・・・。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「それなら『月光・メタビート』デッキがオススメですよ。」

「先生と一緒に勉強してみましょう。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「うん!」

 

②デッキの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「まずはデッキレシピとエクストラの紹介です。」

 

f:id:cocotamasuki:20161209160044p:plain

レギュレーション[2016]年[10]月より

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「ふむふむ。」

「一目見た感じだとデッキを以下の要素に分けることが出来るね。」

・月光に関するカード。

・ヒーローに関するカード。

・「カゲトカゲ」などレベル[4]モンスターを場に並べるカード。

アリアドネや落とし穴など罠に関するカード。

 

f:id:cocotamasuki:20161205195425p:plain

「でもデッキをどんな風に回すかうまくイメージ出来ないかも。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「それではどの用にデッキを動かすか見てみましょう。」

 

③コンボその一の紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「最初は最重要となるコンボと、それに必要なカードの確認からです。」

 

f:id:cocotamasuki:20161206195939p:plain

「月光彩雛」

り「ディメンションボックスに収録された『月光彩雛』、」

り「月光の融合をサポートするモンスターだね。」

り「あれ?でもさっき見たレシピに『融合』は入ってなかったよ。」

だ「今回注目するのはカレイド・チックの①の効果。」

だ「コストでデッキから月光モンスターを墓地に送ることが出来るんです。」

 

f:id:cocotamasuki:20161206195950p:plain

「月光蒼猫」

り「攻撃力サポートとデッキから月光モンスターを特殊召喚する効果、」

り「それにレベルがカレイド・チックと同じ[4]なのが特徴的だね。」

だ「はい、それでは最後のカードの確認です。」

 

f:id:cocotamasuki:20161206195925p:plain

「月光虎」

り「ペンデュラム効果で毎ターン墓地から月光を特殊召喚かぁ。」

り「モンスター効果はペンデュラムゾーンで破壊されても使えるね。」

だ「それではプレイマットを使ってカードを動かしますよ。」

 

f:id:cocotamasuki:20161208164432p:plain

▲手札にはカレイド・チックとタイガーの二枚。

 

f:id:cocotamasuki:20161208164443p:plain

▲まずはカレイド・チックを召喚して、

 

f:id:cocotamasuki:20161208164452p:plain

▲デッキからブルー・キャットを墓地に送り①の効果発動。

 

f:id:cocotamasuki:20161208164503p:plain

▲ペンデュラムゾーンにタイガーをセットして、

 

f:id:cocotamasuki:20161208164513p:plain

▲ペンデュラム効果で墓地からブルー・キャットを特殊召喚

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「これでランク[4x]が可能になりました。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「融合を使う月光でもよく見るギミックだね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195425p:plain

「でもランク[4x]主体のデッキとして見た場合は、」

「手札二枚を使ったコンボは他にもあるような気がするよ。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「このコンボが強力なのは月光の種族にあるんです。」

 

④コンボその二の紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「お次は先ほどのコンボを活かすためのコンボになります。」

「ではカード紹介から。」

 

f:id:cocotamasuki:20161209154717p:plain

り「二種類の方法で場に出せるエクシーズモンスターだね。」

だ「②の効果でデッキの月光モンスターをサーチ出来ます。」

 

f:id:cocotamasuki:20161209154747p:plain

り「先攻・後攻の両方で活躍するエクシーズモンスター。」

り「場に十二獣がいれば簡単に出すことができるね。」

 

 

f:id:cocotamasuki:20161208185530p:plain

▲フィールドにはレベル[4]のモンスターが二体。

 

f:id:cocotamasuki:20161208185549p:plain

▲まずはブルホーンをエクシーズ召喚して、

 

f:id:cocotamasuki:20161208185600p:plain

▲効果でデッキからカレイド・チックをサーチ。

 

f:id:cocotamasuki:20161208185614p:plain

▲一度タイグリスをブルホーンに重ねてから、

 

f:id:cocotamasuki:20161208185627p:plain

▲再度ブルホーンをタイグリスに重ねてエクシーズ召喚。

 

f:id:cocotamasuki:20161208185636p:plain

▲今度は効果でタイガーをサーチして、

 

f:id:cocotamasuki:20161208185646p:plain

▲最後にドランシアをブルホーンに重ねてエクシーズ召喚。

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「そっかこのコンボを使えばモンスター二体から、」

「妨害を用意しつつ次のターンにランク[4x]が狙えるんだね。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「それだけはないんです。」

「次のターン場に残ったドランシアにブルホーンを重ねて、」

「デッキから二枚目のタイガーをサーチするとどうなるでしょうか。」

 

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「えーっと、カレイド・チックでキャットを墓地に送れるから・・・。」

「そっか、二枚のタイガーをペンデュラムゾーンにセットして、」

「毎ターン召喚権を使わずエクシーズ出来るようになるんだね。」

 

⑤まとめの紹介

f:id:cocotamasuki:20161205195449p:plain

「今回教えてもらったデッキをまとめるとこんな感じだよ。」

・モンスターから二枚から妨害と後続を用意できる。

・最終的には「月光虎」二枚から毎ターンエクシーズ。

・少ない手札から動けるため罠カードを大量に入れることが出来る。

 

f:id:cocotamasuki:20161205195414p:plain

「その通りです。次回は今回の続きということで、」

「フレシアルート、深淵ルートほか個々のカードの解説になります。」

 

下記リンクより後編をご覧いただけます。

記事[0007]りんずきちゃんの「月光・メタビート」デッキ・後編

cocotamasuki.hatenablog.com

 

⑥文字レシピ・出典

f:id:cocotamasuki:20161209172300p:plain

f:id:cocotamasuki:20161209172319p:plain

出典は下記[twitter]アカウント、デッキ番号[0032]より

https://twitter.com/cococococotama

 

デッキ画像作成・各カード画像は「カードデータデース」より

http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。